仮想通貨のハードフォーク

TOP->仮想通貨のハードウォーク
目次

以下から本文が始まります。文字数は628文字で約1分で読むことができます。

6-1.フォークとは

原点となるコイン(仮想通貨)の問題点を解決するために全く新しいコインをつくるのではなく、元のコインの修正を行って新しいコインを作ってしまおうという考え方である。

6-2.ビットコインのハードフォークの乱立

ビットコイン自体の容量が不足してしまったことを問題として新たなコインが様々誕生して行きました。問題を解決できたコインもあれば、元のコインのソースコード(プログラム)をほとんどぱぅっていると言われても仕方ないようなのコインもありました。値段に関しても様々な値段がついており、ビットコインを持っている人は新しいコインが勝手に保有できたりする場合もありました。ビットコインが上昇していた局面では、ビットコインを持っていれば、新しいハードフォークしたコインももらえるなどと言われていたときもありました。

6-3.ビットコインに取って代わる?

もし問題を結構解決できて、ほとんど問題のないようなアルトコインがあれば、仮想通貨の中の主軸通貨がビットコインから変わってくるかもしれません。しかし、今のビットコインがもっともましなコインであるので、ビットコインが主軸通貨であるといえるのではないでしょうか。

まとめ
  1. ハードフォークすると新しい全く別の改良された仮想通貨が誕生する場合がある。
  2. ハードフォーク元の通貨の保持者はハードフォーク後の全く別の仮想通貨が付与される場合もある。(ただし取引所の審査次第)
  3. 今のところビットコインが最もまともに使える仮想通貨

このサイトについて