ETF投資

TOP->ETF投資
目次

以下から本文が始まります。文字数は1220文字で約2.5分で読むことができます。

1.ETF投資とは

ETFとは基本的に先物取引を細かく分けて少額でも投資できるようにした商品の一つである。この投資の利点としては、少額の取引ができる上にレバレッジのついたものも取引でき、先物取引以外にもまとめたものもあるということです。つまりは、eワラントなどのオプション取引で行っている、先物取引の少額取引と同じような取引に加え、通常ではまとめられていないような小さな企業もまとめて投資を行うことができるということです。ただし、通常の株式取引と同じ体系の手数料が発生すること、基本的に証券会社を通して取引をすることは注意しておいたほうがいいです。また、外国のETFを購入する場合には為替の変動リスクもありますし、ETFにも投資信託と同じように返還されてしまう場合もあります。この辺の注意点はよーく読んで理解しておきましょう。

2.ETF投資の種類

ETFには、日経平均225,JPX400などの先物取引でできるものがあり、また、通常の先物取引では取引されていない部門の個別株をまとめたものに関しても投資を行うことができます。また、商品先物のETFもあり、原油なども投資することができます。なので、いろいろなものに一度に投資を行うことができます。また、一つの商品に対しても上がると連動して上がるもの、2倍のレバレッジを投資しているので、通常よりも大きく上がるもの(下がるのも同じだけのリスクはある)、下がるとETFの価値が上昇するものなどなどあります。なので、まずは、ETF投資をする前に自分が購入するETFがどのような商品なのかを判断してから投資していくようにしましょう。

3.ETF投資と株式現物取引,信用取引

日経平均225やJPX400に関連した株式で、インバースなどの下落すると価値が上昇するETFをリスクヘッジとして購入すると、元の現物株、もしくは信用取引で買った株式が下落してしまったときにもリスクを回避することができます。ただし、インバースの商品がそれだけ変動しているのかを判断しないとヘッジしている意味がなくなってしまう場合もあります。また、商品先物市場に連動しているETFの場合には、その商品と為替、株式との関連性をどのように判断していくのかをみていかないといけません。また、海外のETFを購入することもできますが、為替の変動リスクもあるので、為替とにらめっこしながら投資方法を考えていかないといけません。

4.ビットコインとETF

今までは存在しなかったビットコインに関するETF投資が注目されている。ただし、ETFとして上場するのは難しい。ただし、ETFとしてビットコインが上場するようになれば、ビットコインを含め、仮想通貨がまた再度注目されうることもありえるだろう。また、ビットコインだけでなく、ほかのアルトコインに関するETFも上場しうることもある。これからはETF上場にも目を向けて行く必要もあるだろう。
まとめ
  1. ETF=商品先物や指数先物、株式をまとめたものなどを少額で取引
  2. ETFには投資対象が上昇するとETFも上昇するもの、投資対象が下落すると、ETFが上昇するものなどETFにより様々な形態がある。
  3. 株式の現物取引、信用取引のヘッジとしてETFを購入する場合もある。
  4. 海外のETFを購入する場合には為替の変動リスクを抑えておこう。
  5. ビットコインに関するETFやアルトコインに関するETFの上場もあり得る?

このサイトについて