投資と投機

TOP->投資と投機
目次

以下から本文が始まります。文字数は426文字で約1分で読むことができます。

1.投資

投資とはある一定の利益目標、損切りを考えた方法である。この場合は、基本的には想定利益と想定損失を決めており、それ以上の損失、利益は基本的には計上しない考えのもとにやっている方法である。

2.投機

投機とは、利益を得るために損切りを考えない方法である。この場合は、想定利益を考えているものの、利益が出続ける限り、投資を続けるというスタンスを取るのが一般的である。逆に損失も0になるまで出てしまうという欠点もある。

3.どっちが儲かる?

一概にどっちの方法をとれば儲かるというものではありません。例えば、利益を最大に取ろうと投資をして、さらなる上昇などがあれば、さらなる利益を出すこともできますし、投機の場合であれば、急落や暴騰に振り回されないような精神力を保つ必要があります。さらには、よかなるリスクを抱えてしまう場合もあります。しかし、投機には大きな利益を上げることも可能なので、投機が一概に悪いということもありません。
まとめ
  1. 投資はリスクを考えつつ行う方法
  2. 投機はリスクを考えずに行う方法

このサイトについて