投資の種類

TOP->投資の種類
目次

以下から本文が始まります。文字数は653文字で約1分で読むことができます。

1-1.時間で分ける投資

投資の分け方の一つとして時間別に分ける分け方がある。長期投資は1年から数年単位での投資、中期投資は半年から1年程度の投資、短期投資とは数日から1週間、1ヶ月くらいまでの投資、超短期投資は、数秒から1日単位の投資とわけられる。実際にはもっと細かくわけることもできる。以下の表に期間と投資のリスクをまとめてみた。

  超短期投資 短期投資 中期投資 長期投資
期間 1日以内 数週間以内 半年以内 右記以上
リスク 小さいとされる。 右よりは大きい 左よりは小さい 大きいとされる。

ただし、いくら小さいとされる超短期投資に関しても信用取引でレバレッジをかけ過ぎると一気に自分の資産を失ってしまう可能性もある。そのため、リスクの管理は常に重要である。逆に長期投資であったとしてもリスクを考えて低レバレッジで運用したり、別の権利でリスクヘッジなどをするという方法をとれば、リスクをなるべくすくなくすることができる。

まとめ
  1. 投資の種類=長期投資、中期投資、短期投資、超短期投資
  2. 投資する時間が長くなるほど、不測の事態に対処することが難しい。
  3. 短期投資になればなるほど利食い、損切りのタイミングが難しい。

このサイトについて