リスク管理

TOP->リスク管理
目次

以下から本文が始まります。文字数は1373文字で約1.8分で読むことができます。リスク管理については、こちらこちらこちらこちらこちらこちらも参照してください。

1.安定的な投資とは?

安定的な投資を目指すためには、ポートフォリオ論などの投資法を参考にして投資を組み立てる方法が一般的なものとされています。まずは、ポートフォリオ論に入る前に一つの投資先に集中しすぎることがどれだけ危険なのかを話していきます。まずは株式投資という面を考えて行きましょう。株式投資は比較的にリスクの小さい投資方法とされていると考えられていますが、それでも危険性が全くない投資ではありません。有名な会社であったとしても次の日に倒産してしまうことだってありえます。倒産してしまった会社に信用取引で株式を持っており、マイナスを抱えてしまったなんていうこともあります。例えば、株式投資の場合は、値幅制限があり。一定時間に一定の値幅以上の変動があった場合、特別気配という方法をとって、一時的に取引を制限するという仕組みがあります。これによって、基本的には急激な変動を少なくしようとする取り組みであるものの、倒産などのもう価値のないものとわかっているものの場合、値幅制限を超えて下がろうとし、一日で取引される制限値もあるので、一日の制限値を超えて下落しようとして、値幅制限値の限界まで到達し、取引がないたたない場青もあります。また、為替の場合には1国の大統領の発言や、大きなヘッジファンドの倒産などにより、大きな変動をしてしまう場合もあります。先物に関してはヘッジファンドなどが大きなポジションを決済した場合に大きな変動が起こる場合があります。日経平均先物や、NYダウ先物に関してはサーキットブレーカー機能が搭載されており、一定の割合変動すると、一定時間の取引を停止するという措置が取られています。ただし、ちゃんとサーキットブレーカーが動作するかどうかへ別問題です。サーキットブレーカーが動作しなかったこともあります。また、日経平均先物に関してはサーキットブレーカーが動作した回数が数えるほどしかりません。しかし、大きな変動は一日ごとでも起こっている場合があります。そういった場合であったとしても以下のポートフォリオ論の場合は被害をすくなくすることができます。

2.ポートフォリオ論

ポートフォリオ論とは一定の金額を複数の会社に対して投資する方法である。この投資方法の場合は、一つの投資対象が急激に下落や急激な上昇をした場合でも大きな被害を受けないという点である。しかし、一つの会社に投資するよりも利益も少なくなってしまいます。しかし、安定性を求めるのであれば、ポートフォリオ論は確実に押さえておくべきです。
たとえば、銀行株を買ったとしましょう。銀行株のヘッジとして、為替を外国よりになるのでないかと外貨取引を行うことで、リスクヘッジを行うことなどをすることができます。また、まったく別のIT株などを購入することのほうが、まったく別のセクターの株式であり、影響を受けにくいと考えることができ、大きなマイナスをうけることは少ないと思われます。また、日経平均に採用されているような株式の場合には、日経平均連動のETFで、インバースのものを購入して、日経平均が下落したときに損失をカバーしてくれるような仕組みを作るのもいいのかもしれません。これらの話は詳しくはリスクヘッジのページで紹介しているので、是非ともそちらのページも見てみてください。

まとめ
  1. リスク管理=投資額をはっきりさせること
  2. ポートフォリオを組んで複数の投資、投機対象に対して投資、投機すること

このサイトについて