先物取引のヘッジについて考える。

TOP->先物取引のヘッジについて考える。
目次

以下から本文が始まります。文字数は833文字で約1.6分で読むことができます。

4-1.先物取引とは

先物取引とは、ある期限のときに価格がどの価格になっているのかを予想する投資方法である。有名なところでは、日経平均先物がある。日経平均先物とは、日経平均を予測して投資をする方法である。日経平均は、東証1部上場企業のうち、有名な225社の株価の平均である。なので、日本全体の企業の株価がどれくらいであるのかを予測する指数の一つでもある。それ以外にも指数としては、JPX400とかもある。JPX400の先物も存在する。なので、JPX400の予想もすることが可能である。これら、先物取引をする時には、証拠金をある一定額入れ、そのお金をもとに取引をする場合が普通である。レバレッジをかけることも可能である。

4-2.大きな金額でしか取引はできないの

先物取引をするには証拠金をもとに取引をすると言った。この証拠金であるが、本当の取引の66倍のレバレッジをかけることができる。それでも、ミニ取引で、6万円前後の金額が必要となる。なので、多くのポジションをかけることができない。なので、先物取引を先物取引として取引をす場合には、多くの資金を必要としてしまう「、。

4-3.eワラント,CFDで少額で先物と同じ取引をする

eワラントやCFD取引では、この先物取引をメインに、さらに手数料を上乗せさせる場合もあるが、少ない金額で先物取引を行うことができる。少ない証拠金で取引ができるのであれば、その分、多くのポジションを取ることができ、急落のなどの場合にリスクヘッジを行って、リスク回避をすることが可能となる。なので、少ない証拠金で取引ができるということは様々なメリットがあることを覚えておいてほしい。大きな資金で取引で行う場合には、直接取引を行うことができる場合がある。少ない資金で取引を行う場合には、間接的に取引をする場合や。流動性が少ない取引の場合がある。そのため、少ない証拠金で取引できるからといって一概に多くのメリットがあるかと言われればそうでもないこともある。

まとめ
  1. 先物取引=多くの金額を必要とする場合がある。
  2. 少額で取引できるCFD取引やeワラントで多くのポジショを取るとリスクヘッジができる場合もある。無理して大きな金額を必要とする取引を行う必要はない。

このサイトについて