リスクヘッジ(債権)

TOP->リスクヘッジ(債権)
目次

以下から本文が始まります。文字数は906文字で約1.8分で読むことができます。

1.国内債券

国内債券とは日本円建てで組まれる債権のことである。債権は債務を追った日とや団体の借金を買うことです。つまりは、その会社がどれくらいの金利をつけて債権を発行するかによってその債権の安全性が決まってきます。例えば、いろんな株式会社の社債の場合には、一定の金利を保証する場合よりも株式の値段と連動して変動する場合のほうが多いです。日本国債の場合には、日本ごデフォルト(借金の金利の支払いの中止)をしない限り、ある一定の金利を保証しています。また、地方債に関しても地方の財政がどんな状況になろうとある一定の金利を支払ってくれる場合が多いです。

2.海外債権

海外債権の場合は、現地の通貨において金利保証をしている場合が多いです。つまりは現地の通貨としては金利が上乗せされている場合が多いです。そのかわり、為替の変動があるので、日本円に戻したときに価値が入れた時の金額よりも下回ってしまう場合もあります。なので、海外債権を買うのであれば、一つの国の債権を買うのではなく、いろんな国の債権を買うほうがいいです。さらに、解約時に日本円で受け取ると、日本円に為替で強制的に返還されてしまうので、基本的に現地の通貨で受け取るようにして、現地の通貨の相場を考慮しつつ日本円に戻していくのがいいのかしません。しかし、一部外国債券に関しては日本円の出金のみでしか対応できない場合もあります。なので、その外国債券がどのようにして出金してくれるのかも考えておくべきです。

3.リスクは株式やFXよりも少ない?

債権のリスクを考えると、株式やFXなどよりもずっと低いと考えられています。たしかにリスクは少ないと思います。しかし、リスクが少ないということはその分儲けも少ないということになります。リスクの少ないものであれば。ポートフォリオを組む必要も少ないと思いますが、その分利益も少ないです。また、債権に関しては新規債と既発債があります。既発債に関しては金額が安い場合が多く、基本的には新規債を途中解約してある場合が多く、同じように新規債を途中で解約した場合には結構手数料を取られてしまうことを留保しておかないといけません。

まとめ
  1. 国内債券=基本的に増える投資
  2. 外国債券=外国の現地通貨では増えているが、為替の変動リスクでは減っている場合もある。
  3. 株式やFXなどの投資よりもリスクは少ないとされているが、その分儲けも少ない。
  4. 途中解約の場合は手数料が高いこともある。

このサイトについて