注文方法

TOP->注文方法
目次


以下から本文が始まります。文字数は1422文字で約3.0分で読むことができます。

1.指値

指値注文とはある決めた一定の金額に達したときに、売買する方法である。基本的に、指値注文で出した注文に関しては、指値で決めた値段で約定する。ただし、急変などにより滑る可能性はある。滑りは基本あるべきではないが、急変時は仕方ないものとしてとらえるしかない。また、指値注文は現在取引されている金額よりも買いのときで上、売りのときで下に設定することも可能である。ただし、その場合には、成り行き注文を出したときと同様の注文が通ると考えてよい。また、指値は基本的に買いの注文に関しては今の取引値段よりも下で設定する場合が普通であり、また、売りの注文に関しては今の取引値段よりも上で設定sるうのが普通であり、それ以外の注文をした時には御発注としてエラー処理される場合もある。


2.成行

成行注文とは、今取引されている値段から最も近い注文で取引を完結されるような注文である。この注文方法に関しても滑りが発生する場合がある。基本的には一番近い反対の注文と相殺させるようにして取引するのが普通である。ただし、注文量が少なかったりなどの現在の状況に左右されることもある。
また、信用取引などで資金を借りている場合には、追証などで不足金が発生しそうな場合に、強制決済する方法として用いられる場合もある。ただし、それは逆の注文がある場合であり、逆の注文がなければロストカットもできないような状況になってしまうこともある。


3.逆指値

逆指値注文とは、ある一定の決めた金額になったときにそれに最も近い成り行き注文を発注する方法である。指値注文に成行注文を組み合わせた注文方法といってもよい。ただし、基本的に決めた値段から少々離れた金額で約定するのが普通なので、急変したときには大きな滑りが発生してしまうことも想定される。


4.特殊注文

成行、指値、逆指値注文などの注文紹介してきたが、ここからは特殊注文である。これらの注文を組み合わせることができる。以下の方法において、特殊注文を出すことが可能である。

  • IFD

  • ある注文を出し、その注文が実行されたときにその注文の決済注文を同時に出す注文方法である。この方法を用いて、損切りラインを設定する人も多い。ただし、IFで決めた注文と、DONEで決めた注文があまり離れていない場合にはすぐに決済されてしまうこともある。なので、注意しておかないといけない。
  • OCO

  • 2個の注文を出し、どちらか一方の注文が実行された場合に、相手の注文を自動的に取り消してくれる注文方法である。たとえば、損切り注文と同時に利益確定注文を出したいときなどに使われる。基本的にどちらも実行されることはないが、急変の時には実行されてしまうこともある。
  • IFO

  • IFD注文とOCO注文を合わせたような注文である。一つの注文で決めたラインで注文を実行し、そのあとに損切り注文と利益確定注文を勝手に出してくれる。


    5.注文パターンを考える。

    基本的に数pipsなどのスキャルする場合には、損切り注文は出しておくにしろ、利益確定注文はすぐに達してしまうこともあるので、基本的に自分で注文を出して考えるべきなのであろう。長期トレーダーに関しても自分で利益確定と損切りがちゃんとできる人であれば、損切り注文だけ出しておけばいいかもしれないが、初心者で利益確定も損切りも勝手にやってほしい人は、IFO注文などを活用してみるといいのではないかと考える。


    まとめ
    1. 指値と成行が基本注文
    2. 逆指値は指値と成行を組み合わせた注文
    3. さらに特殊注文では、指値、逆指値、成行注文を組み合わせることになる

    このサイトについて